いよいよ6月議会がはじまります!

2010年5月29日 16時53分 | カテゴリー: 活動報告

市民の出番だ!事業仕分けと基本計画

 晴天が続くと思いきや、急に気温が下がり、きょうは4月の頃の陽気との予報に、しまいかけた冬物を再び、引っ張りだしました。そろそろ梅雨の到来でしょうか。

 さて、6/2(水)から、いよいよ6月議会 第2回定例会が始まります。
 今回、特筆すべき内容としては、まず、副市長・教育長人事があります。4月末付で、副市長がご病気のため辞任され、教育長・副市長という重要なポスト2つが空席となりました。市長は、現在、この人事を提案するために、各会派との調整中ですが、まだ提案に至っておりません。
 次に、行財政改革についてです。国立市では、これまで庁内で、事業評価を行ってきました。生活者ネットでは、第三者評価の必要性を、何度も提案してきましたが、ここで、ようやく補正予算に、事業仕分けのための予算が計上されています。現在、国においては、第2弾の事業仕分けがすすめられており、報道もされていますので、多くの人の知るところとなりましたが、国と全く同じ手法ではなく、市民も自ら参加できる方法が提案されます。 さて、議員は、これに対し、どのように判断するのか、市民の皆さんにも注視していっていただきたいと思います。
 また、国立市第四期基本構想の第1次基本計画が、この2010年度で終了します。2011年度から2015年度までの5年間の計画を策定する次期になりました。
 前回は、基本構想もありましたので、多くの市民参加によって取り組まれましたが、今回は、どのようにすすめられるのでしょうか。今回、一般質問で、取り上げますので、ぜひ、傍聴にいらしてください。
 私の一般質問は、6/9(水)13:15〜です。

 以下、板谷の一般質問の通告を掲載します。

1.農業問題について
(1)都市農地保全推進自治体協議会の提言について
(2)戸別所得補償制度と今後の稲作について
(3)「都市と農業が共生するまちづくりプラン」について

2.第2次基本計画策定について
(1)策定までのプロセスについて
(2)市民意見の反映について
(3)コンパクトシティのまちづくり計画の必要性について

3.PRTR法と身近な化学物質対策について
(1)市内公共施設における石けんの利用状況について
(2)環境と人体に影響を与える化学物質に関する情報提供と意識醸成について