議会傍聴をお願いします

2007年2月23日 15時52分 | カテゴリー: 国立市議会

市民の関心が議会を変える

 今年は、例年に比べ不気味なくらいの暖冬です。「みんなで京都議定書の目標を再確認しようよ」と街中を言って歩きたい衝動に駆られます。
 そんなことを考えつつも、あっという間に時は過ぎ、この3月で、今期最後の議会となります。選挙のときにお約束した政策が、どれくらいできたのかを検証しつつ、新しい年度に向けて取り組むべき課題をチョイスしました。以下の日程と項目で、一般質問をいたします。
 ご都合がよろしければ、ぜひ傍聴にいらして下さい。
(…ああ、でも選挙前だから、いままで“したい放題”だった議員も少しは、市民の目を気にして、いつもよりお行儀よくするかもしれませんね!)

一般質問の「質問件名」と「要旨」

1. メディア・リテラシー(情報を読み解く力)について
 ①図書館におけるメディア・リテラシーの醸成について
 ②学校教育におけるメディア・リテラシーの取り組みについて
 ③消費生活におけるメディア・リテラシーの必要性について

2.生活保護法に基づく市民生活の保障について
 ①国立市における生活保護の実態
 ②人権に配慮した施策の必要性について
 ③健康で文化的な最低限度の生活を送るための施策について

3.自転車の似合うまちづくりについて
 ①市民との協働の自転車施策について
  自転車のにあうまちづくりの検討会の提案は、2007年には、どのように事業展開する考えか。