’06年度市長の施政方針に対する会派代表質問

2006年3月3日 17時00分 | カテゴリー: 国立市議会

「第4期基本構想」4本の章立てにそって

2月28日開始された市議会で次年度の市長の施政方針が1時間にわたり発表されました。3月2日は各会派が質問を行い、生活者ネットは、今回私が質問しました。とりあえず質問内容をお伝えします。

1.基本構想の「人を育てる守る」から   子育てしやすい環境の確保は急務です。保育事業の充実は、仕事を持つ母親にとって大きなサポートではありますが、果たしてそれだけでいいのだろうかと思います。子育て時代そのものがエンジョイできたらと思います。そのためには、人任せではなくて、自らが参加したいと思う企画を用意する必要があります。どんな工夫がされているのか。子どもたちによるホームページのためのスタッフ会議に加え、母親によるママホームページも始めたらいかがでしょうか。

2.「人が生きる暮らす」から   食育ガイドラインの検討は、年齢を問わず必要な取り組みとなるでしょう。これまでに、庁内栄養連絡会策は食育に関して、どのようなことを実施してきたのかを伺います。食育は、生きるための身近なこととして、市民に受け入れやすいものとしていかなければなりません。そのためにも、NPOや生協団体など幅広い分野の方のご協力を得て、各自治会や老人クラブ、若いお母さんがたのグループになどにお声かけし、積極的に地域に入っていくような仕掛けが必要ではないでしょうか。

3.「まちをつかう」から   これまで、生活者ネットからは、何度かCAPの積極的な導入を提案してきました。子どもたちにとっての安心安全なまちというのは、地域の人々の見守りの中で、子どもたち自身が自らの命を守ることを学ぶ機会を持つことが重要だと考えます。学校の登下校時の安全を、どのように確保していくのでしょうか。子どもたち自身が通学路などの危険箇所のチェックをするMAPづくりを提案します。

4.「まちをつくる」から   緑の基本計画の今後について伺います。推進体制づくりは、どこまですすんだのでしょうか。緑被率は、どの程度アップしたのでしょうか。また、今後、市民へは、どのような協力を求めていくのでしょうか。崖線だけでなく、市内全域の緑化を計画的にすすめなければならない時期にきているのではないでしょうか。

次回は市長の回答およびネットの見解を掲載します。